新型コロナウイルス蔓延を受けて

この度の新型コロナウイルス蔓延を受けて、我々落語家は公演機会を大幅に失い、若手ベテラン問わずほとんど職を失った状態に近いです。落語家は暇さえあれば勉強会を開いたり、営業のお仕事を取って活動したりしますが、それすらも封じられている状況です。政府による補償もままならない中、指を加えて待っているわけにもいきません。まずは、収入がほぼゼロに陥ってしまったこの状況を打破すべく、グッズ販売を始めることにいたしました。出張落語も考えましたが、それすらも「濃厚接触」の恐れがあるので現時点では保留にしてあります。クラウドファンディングでお金を集めることも考えましたが、その知識ノウハウもございませんので自分の出来うる限りの策がこのようなものになりました。とは言っても、深刻にはならず、楽しく生き延びようと考えています。気軽にグッズページを覗いてくださいませ。カンパのつもりで買っていただけたらと思います。

YouTube再開について

今回のコロナ騒動は落語史上でも稀に見る難局であり、はな平自身としましては3月、4月の仕事だけで30件ほどのキャンセルがありました。収入が減ってしまったという辛さももちろんありますが、高座に上がる機会の減少は落語家にとってもっとも痛手です。10回の稽古以上に1回の高座です。それぐらいに高座は大事なものです。3月にコロナ騒動が本格化した時から、動画生配信による「俺んち寄席」なるものを始めて、実際にお客さんが目の前にいなくてもカメラの奥で見てくれているという感覚に新鮮さを感じたりしておりました。稽古とは違う緊張感のおかげで、大幅に高座勘を失うことなくやってこれたようにも思います。この生配信も、三月は数日に一回のペースでやりましたが、4月からは数週間に一度のペースで続けていこうと思います。それに加えて以前からYouTubeのアカウントがあったのでそれを再始動いたしました。「落語家」にしか出来ない内容の動画を挙げていきますのでどうぞご覧ください。


独演会6月

独演会の23回目が決定しました。コロナウイルスに芸人は翻弄されていますが、それでも私たちには落語を続けていくことしか生きていく道はありません。

今回は「百年目」「百川」に挑みます。

今出来る最高の落語を目指します。

「はな平のワンマン〜林家はな平落語の会23〜」
日時 令和2年6月27日(土)14時開演
場所 大田区民ホールアプリコ小ホール
料金 前売2200円 当日2500円
番組 はな平「百年目」「百川」他ゲストあり

予約
チケットぴあ Pコード:501135

直通
oasis.hanahei@gmail.com
07032575473

アクセス
JR京浜東北線蒲田駅徒歩5分