林家はな平


福岡県出身 学習院大学経済学部卒業

 

平成19年 九代林家正蔵に入門
平成23年 二ツ目昇進
平成24年 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」出演
平成24年 NHK「立川志らくの演芸図鑑」に出演

 

 

@Humbug1984
http://www.facebook.com/Humbug1

 

1984年05月06日生まれ

 

 

ホームページをご覧いただきありがとうございます。林家はな平です。

 

一般社団法人落語協会二つ目という堅苦しい肩書きはございますが、いち噺家(落語家)として 日々、活動を行なっております。都内の寄席はもちろん、そのほか地方にも行かせていただくこともございます。

 

落語というのは決して古くありません。現代です。今の人間が江戸時代の話をしゃべっていますが、笑いの質、ストーリーの中から得られる感性は現代です。

 

その現代をわかりやすく伝える芸人が良い落語家だと思っています。私はそんな落語家になりたいです。みなさま、お気軽に落語会にお運びくださいませ。応援、よろしくお願いいたします。

 

近日の目玉公演

「第二回ふくらく」は9月22日(祝)に開催決定!!!

前回大好評だった「ふくらく」の第二回目の開催が決定しました。場所は前回と同じ中洲川端の冷泉荘。今回は独演会で三席申し上げます。詳細は以下をご参照ください!


「第二回 ふくらく」〜林家はな平独演会〜

平成28年9月22日(祝)

18:00開演(17:30開場)

冷泉荘リノベーションミュージアム多目的スペース

予約1500円 当日2000円

演目:林家はな平「明烏」 他二席

 

【予約】

oasis.hanahei@gmail.com

070-3275-5473(留守電対応・SM可)

※上記の電話かメールにお名前と人数をお知らせください。それで予約完了です。当日受付にてお名前を承ります。お席に限りがありますので、50名様限定とさせていただきます。

 

【落語会PR】

少しずつ広がり始めた福岡での落語普及活動。今回は林家はな平独演会として、三席申し上げます。一席はネタ出しで「明烏」。この演目は、はな平にとって挑戦の一席です。落語や講談、歌舞伎に至るまで、多くの古典芸能においてテーマとなる吉原遊郭。落語にも廓噺(くるわばなし)というジャンルが存在するくらい吉原が出てきます。そんな廓噺の中でも、名作と言われているのが、この「明烏」です。男が誰しも通る思春期での目覚め。男と女を語るならまずこの「明烏」を聴いて欲しい。遊郭という今は存在しないものが舞台になるからこそ、リアルを超えたリアルが浮かび上がります。東京では当たり前に演じられるこの噺を、果たして福岡ではどう受け入れてもらえるか。はな平の闘いを見届けに来てください。他ニ席は当日のお楽しみです。必ず楽しい時間が待っています。


「落語の入り口」

~林家若手一門会その5~

8月11日(祝)開場:17:30 開演:18:00

出演者(協会員):林家 つる子 林家 なな子 林家 まめ平 林家 はな平 林家 たこ平 林家 ぼたん 林家 たけ平 出演者(その他):青空一風・千風

会場:浅草ことぶ季亭

住所:台東区寿町1の6の7ユーハイツ203

電話:03-3847-5547 アクセス:田原町徒歩5分

木戸銭:前売:2000円 当日:2300円

番組:落語と漫才と大喜利。

問い合わせ:oasis.hanahei@gmail.com

アンクルサム落語会~はな平ひとり会vol.31~

平成28年8月17日(水)

アンクルサムズドサンドウィッチ

19:30開演(19:00開場)

1500円(ワンドリンク付き)

はな平 お楽しみ二席

 

アクセス

東急大井町線「上野毛」徒歩1分

 

【お問い合わせ】

電話 0337048578

メール oasis.hanahei@gmail.com

 

落語家になって、初めて自主公演を行ったのがこのアンクルサム落語会です。上野毛にある小さなサンドイッチ屋さん。アメリカンスタイルのサンドイッチを35年前から日本で出している老舗です。他にはない本場の味がそこにあります。落語はもちろん、アットホームな空間でサンドイッチとともに過ごしませんか。


その他の予定はメニューの中のスケジュールをご参照ください。

上記の落語会のご予約は、以下のフォームにお書き込みいただくことで完了します。人数とお名前を書いていただいて、当日受付で名前を言っていただければ前売り料金でお入りになれます。後ほどご返信いたします。*当日のみの公演はご予約ができませんのでご了承ください。

メモ: * は入力必須項目です