林家はな平


福岡県出身 学習院大学経済学部卒業

 

平成19年 九代林家正蔵に入門
平成23年 二ツ目昇進
平成24年 NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」出演
平成24年 NHK「立川志らくの演芸図鑑」に出演

 

 

@Humbug1984
http://www.facebook.com/Humbug1

 

1984年05月06日生まれ

 

 

ホームページをご覧いただきありがとうございます。林家はな平です。

 

一般社団法人落語協会二つ目という堅苦しい肩書きはございますが、いち噺家(落語家)として 日々、活動を行なっております。都内の寄席はもちろん、そのほか地方にも行かせていただくこともございます。

 

落語というのは決して古くありません。現代です。今の人間が江戸時代の話をしゃべっていますが、笑いの質、ストーリーの中から得られる感性は現代です。

 

その現代をわかりやすく伝える芸人が良い落語家だと思っています。私はそんな落語家になりたいです。みなさま、お気軽に落語会にお運びくださいませ。応援、よろしくお願いいたします。

 


2016年、はな平三つの挑戦。

その1

10年目のはな平、文七に挑む。

独演会10回目。そして芸歴10年目を迎えるはな平が、人情噺の最高峰「文七元結」に挑む。二つ目生活の折り返し地点に差し掛かった今、第二ステージへと続く階段はいかなるものか。落語家が落語で生きて行くには「良い落語」をやるしかない。10年やってきた落語が正解なのか間違いなのか、すべての思いをぶつけた高座をご覧あれ!

「はな平のワンマン」
〜林家はな平落語の会10〜
平成28年11月12日(土)
18:00開演(17:30開場)
本所地域プラザBIGSHIP多目的ホール
前売 2000円 当日2500円
演目:「文七元結」ほか
oasis.hanahei@gmail.com
07032575473

【番組】
開口一番 前座
落語 はな平
仲入り
文七元結 はな平
(20:30終演予定)

【文七元結】
江戸は本所達磨横町に住む左官の長兵衛は無類の博打打ち。仕事もせずに借金までする始末。年の瀬に博打で負けて身ぐるみ剥がされて半裸一枚に。家に帰ると女房が娘のお久がいなくなったと泣いている。博打のことで口喧嘩をしていると吉原の角海老で娘のお久が身を寄せていると使いが来る。角海老に着いて話を聞くとお久は身売りをして金を工面して父になんとか改心して欲しいと角海老に頼み込んだという。女将は長兵衛に返済期限は期限は大晦日までということで50両のお金を出す。が、代わりにお久は預かって女将の身の回りの世話をさせるとのこと。長兵衛は情けなく思い改心して家路につくがその帰途につくが吾妻橋で身投げをしようとしている男に出くわす。なんとか止めて訳を聞くと奉公先のお使いで50両を集金をしてきたが気が付くとそのお金が無い。どうもすられたようでどうしようもなく死んで詫びようと言う。長兵衛はそれを聞き...
三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ。登場人物が多く、長い演目であり、情の中におかし味を持たせなくてはならないという理由から、難しい一題とされる。『人情噺文七元結』として歌舞伎でも演じられる。「元結(もとゆい、もっとい)」とは、髷(まげ)の根を結い束ねる紐のことで、「文七元結」は江戸時代中期に考案された実在する元結である。


その2

はな平独演会in福岡

前回大好評だった「ふくらく」の第二回目の開催が決定しました。場所は前回と同じ中洲川端の冷泉荘。今回は独演会で三席申し上げます。詳細は以下をご参照ください!


第二回ふくらく 林家はな平独演会

平成28年9月22日(祝)

18:00開演(17:30開場)

冷泉荘リノベーションミュージアム多目的スペース

予約1500円 当日2000円

演目:林家はな平「明烏」 他二席

 

【予約】

oasis.hanahei@gmail.com

070-3275-5473(留守電対応・SM可)

※上記の電話かメールにお名前と人数をお知らせください。それで予約完了です。当日受付にてお名前を承ります。お席に限りがありますので、50名様限定とさせていただきます。

 

【落語会PR】

少しずつ広がり始めた福岡での落語普及活動。今回は林家はな平独演会として、三席申し上げます。一席はネタ出しで「明烏」。この演目は、はな平にとって挑戦の一席です。落語や講談、歌舞伎に至るまで、多くの古典芸能においてテーマとなる吉原遊郭。落語にも廓噺(くるわばなし)というジャンルが存在するくらい吉原が出てきます。そんな廓噺の中でも、名作と言われているのが、この「明烏」です。男が誰しも通る思春期での目覚め。男と女を語るならまずこの「明烏」を聴いて欲しい。遊郭という今は存在しないものが舞台になるからこそ、リアルを超えたリアルが浮かび上がります。東京では当たり前に演じられるこの噺を、果たして福岡ではどう受け入れてもらえるか。はな平の闘いを見届けに来てください。他ニ席は当日のお楽しみです。必ず楽しい時間が待っています。


その3

10年目のはな平、芝居に挑む。

普段は落語を中心とした活動をしているはな平が、柳家東三楼師匠率いる劇団にてお芝居に挑戦します。落語というワンマンショーから、色んな人と演じるという新しいはな平の顔にご注目ください。

柳家東三楼一座 第1回公演
「みんなdeらくご ひとりdeらくご」
らくご劇 「厩火事・文違い・幾代餅」
主宰・演出 柳家東三楼
10月6日(木)~10日(日)
於:田原町 浅草劇亭
【出演】 
~みんなdeらくご ~
柳家東三楼 
小林永幸 
渡辺敬介 
横澤英一 
上久保慶子 
知江崎ハルカ 
三遊亭歌扇 
林家はな平 
林家扇兵衛 
いのうえきよみ 
中川ミコ 
三浦理恵 
川島めぐみ 
お囃子 岡野鏡
~ひとりdeらくご(落語会)~
各回日替わり
※出演落語家はチラシをご参照ください。
もしくは下記アドレスまでお問い合わせください。
【日時】
連日出演者日替わりにて
マチネ 13時 開演
落語会 16時半 開演
ソワレ 19時 開演
※開場は開演の30分前
料金
・みんなdeらくご 
前売3500円 / 当日3800円
・ひとりdeらくご
前売1500円 / 当日1800円
・みんなdeらくご ひとりdeらくごセット券
前売当日共に4500円 
ご予約・お問い合わせ
office.mononcle@gmail.com


その他の予定はメニューの中のスケジュールをご参照ください。

上記の落語会のご予約は、以下のフォームにお書き込みいただくことで完了します。人数とお名前を書いていただいて、当日受付で名前を言っていただければ前売り料金でお入りになれます。後ほどご返信いたします。*当日のみの公演はご予約ができませんのでご了承ください。

メモ: * は入力必須項目です